【暗号資産(仮想通貨)全般】

仮想通貨・知っておきたい用語集

仮想通貨を始めるにあたり『知っておきたい用語』☛基本的な内容の説明です。

【ビットコイン】
仮想通貨≒暗号通貨の一つであり世界で最も多く取引されています。
発案者は「サトシナカモト」と呼ばれる謎の人物(組織)で未だその実態は分かっていません。
ブロックチェーンと呼ばれるデータ履歴保持機能を備えた通貨であり、中央銀行や特定の企業のような発行体が無いのが特徴です。
ビットコインはプログラム上で新規発行されますが、上限は約2100万BTCと決まっており、改変することは基本的には不可能です。
上限が設定されているのはインフレを防ぐためであり、勝手に発行することはできず、新規発行のスピードも予めプログラムされています。

【仮想通貨】 
英語表記では「virtual currency」になります。
仮想通貨と訳すかは定義の見解によっても異なりますが、ビットコインなどは法定通貨(円やドル)等よりも特定の発行者が存在しない=供給サイドの意思で流通量が増えたり、政情不安の影響を受けにくいことから、安全資産と捉えることも出来ます。
暗号技術が発展して開発された通貨であることから「暗号通貨」と呼ばれる。
通貨型は特定の発行者が存在せず、円やドルなど各国中央銀行が発行する法定通貨の対局に位置し、世界の金融システムを根幹から変化させる可能性があります。

【ブロックチェーン】
分散型台帳システムと訳されるます。
匿名のサトシ・ナカモト名で発表された論文内でビットコインとともに提唱されたデータ履歴の保存技術。
ビットコインの登場とともに注目を浴び、データの改ざんが非常に困難な履歴の作成が可能なことで知られています。
ビットコインを始めイーサリアム、リップルなど仮想通貨(暗号通貨)の基礎技術であり、現在様々な団体、企業により研究開発が進んでいます。
この技術は仮想通貨としての利用だけではなく銀行など金融機関の送金システム、証券取引用システム、IoT、企業のバックオフィス業務の効率化などでの利用可能性が期待されています。
金融システムへの活発な導入が進んでいるため、金融とIT技術の融合であるFinTechにおいても最も期待されている技術の1つです。

【マイニング】 
採掘(マイニング)とは新たなブロックを生成し、その報酬としてビットコインを手に入れる行為のことです。
特定の発行者がいない為、供給量の変化はこのマイニングによりますが非常に困難であることま間違いありません。
技術的には数学的な計算を繰り返し、特定の条件を満たす解を見つけるという行為であり、たくさんのハードウェアと電気代が必要になります。採掘者(マイナー)が採掘をする行為によりビットコインのP2Pネットワークが維持されており、その他の一般ユーザーはこの恩恵に与ってビットコインをネットワーク上で送付することが可能となります。

【P2Pネットワーク】
中央サーバを使用するのではなく個々の端末(Peer)がお互いに信頼しあうことで成立するネットワークのことです。
P2Pの端末(Peer)は一般的なPC、ノートブックでもサーバーでも良くノード(Node)と呼ばれることもあります。
端末は他の端末に繋いで情報を交換する、もしくは他の端末のリクエストに応えて情報を共有します。
P2Pはファイル共有ソフトなどで有名になりましたが、近年は仮想通貨で再注目されています。
ビットコインはP2P方式でデータを交換します。そのため特定の管理者を置くことなく安定した運営が可能になっています。

【アルトコイン】
アルトコインとは、Alternative Coin(代替のコイン)の略で、ビットコイン以外の暗号通貨(価値記録)の総称です。
多くのものはビットコインと似たブロックチェーンの技術を元にしたものであり、根本的な仕組みはビットコインと変わりません。
全世界で1,100種類以上のコインが作成されてると言われています。代表的なアルトコインに、イーサリアム、ライトコイン、日本発祥のモナーコインなどがあります。

【要らなくなった物アマゾンに売りませんか?】