あなたの変額保険は大丈夫ですか?

変額保険に関するご相談を多く頂きます。


私が投資銀行(国内大手証券会社)出身で運用に関して詳しいことも影響していると思いますが、最近は特に多いように感じます。

変額保険は保険としての機能と特別勘定での運用機能の二つを合わせ持った商品です。

変額保険については有用な商品もあるとは思いますが、そもそも保険に関する時間軸と運用における時間軸に違いがあることや、コスト的に不利な設計が多いことから慎重に吟味すべき商品の一つであると私は認識しています。

最近頂いたご相談も、その内容は非常に厳しいものがありました。

運用対象が外国株式や新興国株式のみ、或いは外国株式と外国債券の組み合わせで為替ヘッジは無しです。

外国株式、新興国株式、外国債券、これらは経済情勢を注視し、定期的に他の資産への入替えも含め、検討を常に続けなければならないリスクの高い商品です。しかも為替リスクも内包しています。


長い期間、高額な解約控除金が差し引かれる設計にも関わらず、運用対象が高リスク商品のみで、契約後運用見直しの提案は一切無いという有り様です。

契約先は誰でも知っている大手保険会社です。

皆様、もし変額保険を契約しているようでしたら、払い済み保険料の合計額と解約返戻金だけでも確認してみてください。

更に特別勘定で運用されている対象はどんな資産なのか是非確認をお願いします。