【経済全般】, 【資産形成・金融関連商品運用ノウハウ】, 未分類

株式マーケットの強さに関しての警鐘

2021年03月13日

こんにちは。向井です。
株式マーケットの強さは凄いですね。
気持ち悪いですが・・・
株式マーケットや仮想通貨全体の上昇に対する主な理由はこのブログでしばしば触れていますが、マネーサプライの膨張で説明できます。
新型コロナウイルスへの対策の為、日本のみならず世界の主要国の殆どが補助金等による政府支出を継続的且つ大規模で行っているます。
私が気持ち悪いと表現するのもブログを継続して御覧頂いている皆さんはお分かりだと思いますが、各企業の業績は大半が悪化している中での上昇だからです。
勿論、時流に合った需要を捉え業績を伸ばしている企業もありますが、大半が業績悪化を余儀なくされ多くの企業の業績は悪化しています。

2021-02-03_11h01_23.png

補助金等の政府支出が続きマネーサプライが膨張を続ける限り、株式マーケット等の強さは継続する可能性が高いと言えます。
今はまだ、追加の補助金が議論されているくらいですから少し先になると考えていますが、私が再三このブログで警鐘を鳴らすのは、どこかの時点で補助金等は終わります。
皆さんもこれについては異論がないと思います。
そうすると、どこかの時点でマネーサプライは膨張しなくなります。
お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、先ほどから私は膨張という言葉を使っています。
なぜかというと、膨張という言葉に「無駄に、余分に」というイメージを感じて頂きたいからです。
今はまだ上昇していますし、直ぐに変調をきたすとは思っていませんが、膨れ上がったものが理由で上昇しているものは何れあるべき水準に収束する時が来ます。
あるべき水準はやはり業績を反映したものでなくてはなりません。
含み益を実現益にするタイミング・・・この先の注意深く探っていく時間帯になるかもしれません。

絶好調?の株価を見て思うこと
株式マーケットの強さに関しての警鐘
マネーサプライの急増と株価
【要らなくなった物アマゾンに売りませんか?】

株式マーケットの強さに関しての警鐘” に2件のコメントがあります

コメントは停止中です。