【資産形成・金融関連商品運用ノウハウ】

第1回 FX取引(外国為替取引) 基礎知識は資産形成に役立ちます

2021年02月28日

資産を築くには運用することは不可欠をいえます。理由は簡単ですね。

運用しないということはずっと働いた分の足し算ということになります。運用するということはそこに掛け算が入り、複利になるわけです。

国民年金は巷で言われている通りどこまで期待していいのか?分からない状態にあります。そのような中、悲しいことに『長生きはリスク』という言葉まで言われるようになりました。

私は長年国内大手証券会社のマーケット部門でトレーダーやセミナーの講師を務めてきました。それらの経験を活かして少しでも皆様のお役に立ちたいとこのブログを立ち上げました。

このブログは一般の方々が出来るだけ理解しやすいと感じながらお読み頂けることを目標に書いていきます。したがって、同じく専門家からみると説明不足と思われるところもあるかもしれませが、目的をよくご理解くださいますようお願い致します。

それでは、本題です。

今日はFX取引を取り上げます。

FXは資産形成に役立つ投資です。しかし、システム任せや人任せでは危険です。FXを利用して誰でも簡単に儲かるという広告、ネット経由での勧誘を沢山見かけますが本当だと思いますか?

もし本当でしたら多くの人が FX長者になっているはずですね。FXで利益を得るには勉強が必要です。

FXについてもこのブログでは初心者から中級者くらいの方々のサポートを目的とします。お読み頂いている中で、いつの間にか皆さんが取引所で実際に売買を行い利益を得ている姿をイメージして書いていこうと思っています。

金融マーケットで利益を得ることは決して難しくはありません。
しかし、勉強は必要です。
👉 儲ける為です! 頑張りましょう!
👉 一度やってしまえば後は取引するだけです!


先ずはFXの意味からしっかりおさえていきましょう。『俺、FXの売買始めて3年くらい経つけど 結構儲かってるよ!という人でも、FXって何?何かの略でしょ?っと聞かれ答えられない人がいます。知っていても利益にはなりませんが、出来れば答えられたほうがいいですよね?

FXとはForeign eXchangeの略で、外国為替を意味します。

FX(外国為替)取引の最大の特徴は、少額の資金で大きな取引が出来ることにあります。

これをレバレッジと言います。仮にレバレッジが25倍でしたら、約4万円で100万円の取引ができることになります。レバレッジを効かせることで証拠金以上の取引ができます。

利益になれば通常取引よりも多くの利益を得ることができますが、逆に、損失の場合は証拠金以上の損失が発生することもあります。


実際にはロスカットルールや外国の FX業者を中心に証拠金以上の損失を免除される仕組み等がありルールを理解し上手く使いこなすことで運用効率を高めることが出来ます。この場合は規定にもよりますが、投資家はどのような取引をしたとしてもその時の証拠金以上に損をすることはありません。

ロスカットルールとは損失が証拠金の一定水準以下になると FX業者が保有者に代わって強制的に反対売買を行い証拠金以上の損失になることを防ごうとするルールです。

※利用する証券会社の損失に関する規定やロスカットに関する規定は、特に集中して注意深く読み理解するようにしてください。

もう少し説明したいところですが、少し長くなりましたので、今日はここまでにします。

数回ごとにFXについても書いていきますのでお楽しみに。

※前述の通り為替取引については断続的に記事を書いていきますのでお見逃しなくご拝読ください。

【要らなくなった物アマゾンに売りませんか?】