【資産形成・金融関連商品運用ノウハウ】

第2回 FX取引(外国為替取引) 基礎知識は損失から身を守り利益を得ることができます

2021年03月06日

こんにちは、向井です。このブログで名前を出すのは初めてですが、向井慶太と申します。仕事上での名前であり本名ではありませんが、ネット上の仕事はこちらの名前でしております。
本当の名前を公表しないのは、マーケットの第一線を退いてからまだ日が浅く生々しいからです。どうかご理解頂きご容赦ください。
本題に入りますが、皆さんは為替の決定要因についてお考えになったことはあると思いますがどのような経済指標の動きにも的確に反応し、為替市場に大きな影響を与えるモノ・・・
言ってしまえば、その動きさえ適格に捉えることが出来れば、乱暴ではありますが、経済指標がどんな結果であったか、発表を見ずとも分かるようなモノ・・・分かりますか?

2021-02-03_15h52_38.png

それは、金利です。
金利?といってもピンとこない方もいらっしゃると思いますが、難しくはありません。『金利=利回り』のことです。
身近なところでは、銀行の預金金利です。一定期間お金を預けると、そのお金の対して利息が付きます。その、利子率(元本に対する子息の割合)のことです。
外国為替取引を考える時、この金利について考えることは非常に重要になります。
ダメですよ。大丈夫です。必ず分かるようになります。
今日は、『為替は金利の動きに強く影響を受ける』といことだけ覚えてください。

2021-02-03_11h01_23.png

前回の第1回目のFX講座では『FXってなに?』『レバレッジ取引』について解説しました。
今回の第2回目FX講座では『為替は金利の動きに強く影響を受ける』の頭出しだけしました。
次回の第3回目のFX講座では金利と為替の関係について説明します。
お楽しみに・・・

【要らなくなった物アマゾンに売りませんか?】