【経済全般】, 【資産形成・金融関連商品運用ノウハウ】

絶好調?の株価を見て思うこと

資産形成、或いは老後資金の蓄財を考えた場合、お金に働いてもらうことが効率的であることは言うまでもありません。しかし、当然ながらお金が勝手に働いてくれるわけではなく、それは即ち我々の意思で何かに投資することに他なりません。

また、投資した際のリターンは基本的にリスクと表裏一体であり、安全な投資はリターンが小さく、リスクが大きければ成功した場合のリターンは大きなものになります。

ある一定の割合でリスクとリターンはバランスしていなければなりません。

ずっと以前から私は日本株の上昇を膨張と表現してきました。しかし、その膨張は今もなお堅調な株価を保っています。

このまま株価は堅調に上昇していくのでしょうか?

政府の膨大な支出、或いは日銀のコントロールに支えられ堅調な株価は一体何処にむかうのでしょうか。

世界的に著名な投資家であるウォーレンバフェット氏はこんなことを言っています。

『金持ちになる方法を教えよう。皆が貪欲な時に臆病になり、皆が臆病な時に貪欲でいることだ。』

皆さんは偉大な投資家のこの言葉をどう受け止めますか?

私は売りを推奨するものではありません。

せっかく築いた資産です。より慎重に運用することが求められる時間帯だと思います。

絶好調?の株価を見て思うこと
株式マーケットの強さに関しての警鐘
マネーサプライの急増と株価

【要らなくなった物アマゾンに売りませんか?】